Profile

2008年 アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画『おくりびと』(音楽:久石 譲)に、 日本を代表するチェリスト12名から成るThe★Supeciosa 12 Cellistの一人として、このサウンドトラックのレコーディングに参加。

同年1月から2年間、音楽雑誌:月刊Pianoにて『追想という愛の花束』を連載。

2010年 菓匠千鳥屋CM『チェロ篇』に出演しバッハの無伴奏­1番を演奏。

2013年 JTアートホール アフィニスよりインタビューを受け、同社HPにて特集記事が掲載。

また、生音スピーカー『YU-ON』の感想をインタビューされ(株)プロアクティブHPに掲載される。

2014年4月 日本文化チャンネル桜のTV番組、渡部昇一の『大道無門』にゲスト出演。

同年7月からは、シアター・テレビジョンにて自身がホストを務める音楽番組『音の教養』の放送がスタートし、

翌年の3月には同番組のコンサートを開催。

2015年2月 ドラゴンクエストの作曲家として知られている、すぎやまこういち氏プロデュース番組『日いづる国より』に

ゲストとして出演。また、この年より高齢者マンション『サンシティ』の各施設を定期的に訪問し演奏会を開催している。

 

その他には、吉田 恭子(ヴァイオリン)、白石 光隆(ピアノ)と三井広報委員会のコンサートなどに定期的に出演。

 

演奏以外では、講演・自己啓発セミナーでの講義なども行っており、豊富な経験と幼少の頃より父・渡部 昇一の薫陶を受けた深い教養で好評を博す。これまでに(財)都市防災研究所、蒲田法人会、(株)パッション・ジャパン、NPO法人 アペルト、

(株)S・Yワークス、ANAホールディングス株式会社などで講演。

 

著作に「知的生活の方法 ―音楽編」(渡部昇一共著)ワック出版、

「ワタナベ家のちょっと過剰な人びと」「明朗であれ 父、渡部昇一が遺した教え」海竜社出版などがある。

2011年7月、ファーストアルバムCD「It’s Peaceful Here ここは良きところ」をリリース 。

東京芸術大学附属高校を経て、桐朋学園大学卒業。

同校研究科卒。

1993年米国ニューヨークのジュリアード音楽院卒。

ニューヨーク在住中には国連総本部やリンカーン・センターなどで数度に渡りリサイタルを開催、好評を博す。

インディアナ大学(米国)でさらに研さんを積んだ後、1995年帰国。

以来、NHK-BS、NHK-FM 出演をはじめ、ソリストとして、

また室内楽、オーケストラ奏者として幅広く活躍している。

2003年より文化庁海外派遣員として一年間ドイツのミュンヘンにて研修。

2008年 (株)東京アンサンブルギルド設立。

通常のコンサート活動以外にも日本各地を訪れ300校以上の学校を訪問し、

また介護施設、養護学校、少年院等の訪問演奏も積極的に行っている。

 

チェロを主に堤 剛、木越 洋、H.シャピロ、W.ノータスの各氏に師事。

現在、読響日本交響楽団団員、及びフェリス女学院講師。

 

 

Genichi Watanabe

チェリスト 渡部 玄一

2015.10.23.Thing that was created.